トップ>大切にしていること

大切にしていること

子どもたちのために、私たちが大切にしていること

~新しい感覚で、子どもたちが正しく感性豊かに育つ施設を求めて~

私たちが考える幼稚園・保育園の建築の基本は次の3つです。

基本1)安全性、合理性、機能性、経済性、耐久性の重視

基本2)環境と調和する、優れた内外空間のデザイン

基本3)通風、採光、換気などの快適な居住性の追及

さらに、子どもたちのことを想い、次の事柄を大切にします。

・子どもたちの理性と感性が正しく、豊かに成育する環境を創造する。

・五感の全てを刺激する。(音、響き、形、色、光、陰、感触、匂い、味など)

・建築に日本の木を多く用い、日本の文化を感じ、温かさと優しさを育み、健康な空間を創る。

・素材は質素でも本物を用いる。偽物は用いない。

・優しさと厳しさを表現する。

・子どもには時に不自由さ、不便さも必要である。(そこに考える力、創意工夫が生まれる。)

・おとぎの国をつくるのではなく、現実の世界でステキなものを創りだす。

・肉体の快適さよりも心地よさ、心の気持ちよさを大切にする。

・背後にある見えないものを大切にし、合理的な機能性だけでなく、意味や価値を重視する。

・常に全体を考え、多くの要素から一つの統合されたものを創る。

・子どもたちが初めて社会と関わり、出会う場所として、よい社会のあり方を表現する。

・多種多様な考え、もの、こと、人、それぞれの価値を認め、尊重し合う空間を創る。

・日本の文化を大切にし、伝える。

・自然のエネルギーを活用する。(太陽光発電、太陽熱の利用、屋上緑化など)

・自然環境、社会環境、周囲の環境を重視し、その環境のもつエネルギーを互いに活かしあう。

・地域社会に対して影響力のあるものとする。

・集う人々、職員、子どもたちが健康で生き生きと、仕事をし、遊び、育つ場を創る。

ページトップへ